ピンク色を基調にした平和行動を大阪の女性たちと共同してすすめる
Sunday November 19th 2017

‘Infomation 情報’ Archives

Appeal for a Nuclear Weapon-Free World.

Appeal for a Nuclear Weapon-Free World.
Please Sign!

 Toward the 2010 NPT Review Conference Appeal for a Nuclear Weapon-Free WorldEven now, in the 21st Century, world peace and security are still threatened by 26,000 nuclear weapons.As the tragedies of Hiroshima and Nagasaki show us, nuclear weapons instantly destroy countless lives, torment people in future generations, and ruin civilizations.The Hibakusha, the A-bomb survivors, continue to warn that humanity cannot coexist with nuclear weapons. Never again should we create more victims of nuclear weapons.For the survival of the human race and for the future of our children, let us achieve a world free of nuclear weapons through our actions in solidarity.Toward the 2010 Nuclear Non-Proliferation Treaty Review Conference, the nuclear weapons states are called to honor the “unequivocal undertaking” of May 2000 to eliminate their nuclear weapons.We call on the nuclear weapons states and all other governments to agree to commence and conclude negotiations of a treaty, a nuclear weapons convention, to ban and eliminate nuclear weapons without delay.

署名するブログタイトル (必須)/Signature Blog title

お名前 (必須)/Your Name

メールアドレス (必須)/E-Mail Adress

題名/Subject

性別/Sex
 Male Female

国籍/Nationality

メッセージ本文/Message

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

イスラエルのガザ支援船攻撃に抗議



CODEPINK Condemns Israeli Attack on Gaza Flotilla

コードピンク イスラエルのガザ支援船攻撃を糾弾

Calls on US Govt to Condemn Attack and Cut Aid to Israel

攻撃を糾弾しイスラエル支援をただちに止めるようアメリカ政府に要請

We are outraged, stunned and broken-hearted that the Israeli Navy has not only intercepted 6 ships that were carrying humanitarian aid to the 1.5 million people in Gaza who are living under an Israeli-imposed siege, but has actually killed and wounded dozens of these brave humanitarian activists. While Israel has refused to release precise details, news reports are saying that at least nine people were killed, many more wounded, and that remaining 700 passengers have been sent to Israel for arrest and/or deportation. The storming of civilian ships in international waters by Israeli commandos is a terrorist act that is a blatant violation of international law.

 イスラエルが強行する封鎖の下で暮らす150万人のガザの人々への人道支援物資を運ぶ6隻の船をイスラエル海軍が攻撃し、乗船していた勇敢な人道支援家等を殺傷したことに私たちは驚愕し、胸を引き裂かれる思いでいる。イスラエルは事件の詳細を明らかにすることを拒否しているが、報道によると少なくとも9名が殺され、負傷者はさらに多い。残り700名の乗客はイスラエルに送られ逮捕、拘禁された。公海上で民間の船をイスラエルの艦船が襲撃するのはテロ行為そのものであり明らかに国際法の蹂躙である。

This must be a turning point for U.S. policy toward Israel. The reaction of the Obama Administration to Israel’s attack on the humanitarian aid flotilla, which included U.S. citizens, has been totally unacceptable. A White House spokesperson stated that President Obama “deeply regrets the loss of life and injuries sustained.” We need to hear from our President and our Congress a STRONG CONDEMNATION of this abominable attack, and it must be accompanied by action: an immediate cut off of all aid to Israel and sustained pressure on Israel to lift the siege of Gaza.

この事件は米国の対イスラエル政策の根本的変更を迫るものである。しかるに、米国市民を含む人道支援家と支援物資を運ぶ船へのイスラエルの攻撃にたいするオバマ政権の反応は全く受け入れがたいものである。  ホワイト・ハウスのスポークスマンは、「オバマ大統領は多くの死傷者がでたことを非常に遺憾に思っている」と述べているが、大統領や議員らから私たちが聞きたいのは遺憾の意ではなく、このようなひどい襲撃への強い糾弾である。それは、イスラエルにたいするあらゆる支援の即時中止、ガザ封鎖を停止させるためイスラエルに圧力をかけ続けるといった行動が伴はねばならない。

The U.S. government has been complicit in arming Israel and enabling its human rights abuses, including the ongoing siege of Gaza that has kept 1.5. million people living in the world’s largest open-air prison. In July 2008, the United States signed a contract worth $1.9 billion to transfer the latest-generation of naval combat vessels to Israel at U.S. taxpayer expense. Currently, Congress is in the process of appropriating a record $3.2 billion in military aid to Israel this budget year. This aid must be stopped.

イスラエルに武器を供与し続け、世界最大の青空監獄に150万人もの人々をとじこめているガザ封鎖をふくめ人権の抑圧を可能にしてきた点ではアメリカ政府も同罪である。2008年7月、アメリカは納税者から集めた税金を使って最新型の海軍対戦艦船のイスラエルへの供与に19億ドルの契約にサインをした。目下、議会は本会計年度で過去最高の32億ドルをイスラエルへの軍事援助に充当しようとしている。この援助はやめなければならない。

Israel has imposed a crippling blockade on Gaza since 2007, and then the brutal Israeli invasion of Gaza in December 2009 left over 1,400 Palestinians dead. CODEPINK has been sending delegations of humanitarian aid to Gaza via Egypt and pressuring the U.S. government to call on Israel to lift the siege. In light of this present massacre of humanitarian workers, we vow to redouble our efforts to lift the inhumane siege of Gaza and change U.S. policy to support the rights of all people in the region.

イスラエルはガザを壊滅状態にする封鎖を2007年以来押し付け、2009年12月にはガザを攻撃し1400名以上のパレスチナの人々を殺戮した。コードピンクはエジプト経由でガザへの人道支援部隊を送ってきた。アメリカ政府にたいしてはイスラエルに封鎖の停止を呼びかけるよう圧力をかけてきた。今回の人道支援家の大量虐殺にあたり私たちは、ガザの非人道的封鎖を解き、地域のすべての人々の権利擁護にアメリカの政策を転換するため努力を倍加することを誓う。

“We need our leaders to show their commitment to peace by condemning this act, launching an immediate inquiry, calling on Israel to lift the siege of Gaza, and supporting an immediate halt to arms supplies for Israel,” said Medea Benjamin of CODEPINK, who has travelled four times to Gaza.

「私たちは国のリーダーらに、今回の行為を糾弾し、即時調査を開始し、イスラエルにガザ封鎖の停止を求め、 イスラエルへの武器供与の即時停止を支持することで平和への言質を取る必要があります」とガザを4回訪れているコードピンクのメディア・ベンジャミンは言っている。

We are calling on peace-loving people everywhere to:

私たちは平和を愛するすべての地の人々に次のことをよびかけます。

1. Organize protests in your communities against Israel’s attack on the humanitarian flotilla. Call for the aid workers to be released and allowed to complete their humanitarian mission.

 人道支援船へのイスラエルの攻撃への抗議を地域で取り組む。人道支援家を釈放し、支援物資を届けることを許可するよう求める。

2. For people in the U.S., contact the White House, your Congressperson and Senators. Demand that they condemn Israel, cut off all U.S. aid and demand that Israel lift the siege of Gaza.

アメリカ国内の人には、ホワイト・ハウス、上院・下院議員等にイスラエルの糾弾、あらゆる援助の停止を求め、イスラエルにはガザ封鎖の解除を求める。

Codepink Osaka held Green Tea Party in NYC during NPT New York Action

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

The Green Tea Party                  for

     The Nuclear Weapon- Free World

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

 Join our joint venture of Grassroot Exchanges

   Hosted by  Granny Peace Brigade

                Codepink NY

             Codepink Osaka JAPAN  will serve the green tea from Japan

 

☆   When: May 4(Tues.) 18:30-20:30

☆   Where: Creative Space, New York

     ( Holy Trinity Episcopal Church : 316 E. 88th Street )

 Codepink Osaka JAPAN presents

  Green Tea Ceremony & Making “Orizuru”, paper crane peace bird

      Sing along :  “Genbaku Yurusumaji” ( No More A Bombing )  etc.

A-    Bomb victims speak out 

Grassroot voices         

        “Kami―Shibai”, illustrated Story Telling

Reading Poems on A- Bombing in Hiroshima 

Skit : Women’s Peace actions in Osaka

  Codepink NY & Granny Peace Brigade present

・                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Lets enjoy the grassroot exchanges

over a cup of genuine green tea from JAPAN !!

                Contact: HISAE Ogawa  Codepink Osaka JAPAN

                    E-mail : glocaloh@gold.ocn.ne.jp   

ガザ・フリーダム・マーチ(GFM)参加報告にあたって

      GFM代表団は当初の予定通りにガザに入ることは出来ませんでした。エジプト政府は代表団のガザ入りを最後まで拒否し通しました。背後にはイスラエル、アメリカ政府の       圧力があっての極めて政治的判断だったと考えられます。 「パレスチナ支援、イスラエルの蛮行をやめさせようという国際世論を無視する態度を取り続けたエジプト政府に私は    「どうして?」という疑問と落胆の念を持たざるを得ませんでした。

  核兵器廃絶、核軍縮の課題では国連でも国際外交の分野でも世界の先頭にたっているエジプト。私たちが進めている原水禁運動にも理解と協力を示し、ヒロシマでの国際会議    には外交官が率先して出席され、日本原水協等がカイロで開催した原爆展にも協力を惜しまれませんでした。とても心強いパートナーです。私たちの運動が勝ち取った大きな成果の一つといえるでしょう。

そんなエジプトだから、GFMにも協力が出来るのだろうと私は一定の期待を持って参加登録をし、日本からの参加者を募っていました。GFMへの主催者側の取組はガザ攻撃の半年後に始まりました。ガザ支援、封鎖終結をもとめる国際世論を喚起し結集して「攻撃一周年の日にガザに行こう」と国際的な呼びかけが行われ、半年かけて準備が進められてきました。運営委員会は3ヶ月前からエジプト政府当局と粘り強い交渉を続けてきました。そして、呼びかけに応えて世界42カ国、1400人の人々がカイロに集結したのです。そのこと自体GFMは大きな成功を勝ち取ったといえます。私たち日本グループも一定GFMの成功に寄与できたと自負しています。

 それでも、ガザには入れなかった今回の事態に象徴されるパレスチナ問題での国際世論vs.政府(エジプト、イスラエル、アメリカそして日本を含む代表参加した国々)の交渉過程を自身で体験してみて、今痛感するのは「私たちの願いを実現するには政府に迫る世論の喚起がまだまだ必要だ」ということです。400人という最大の代表団がきたフランスでは、フランス各地に日常的なパレスチナ連帯の草の根の運動があり、そこからやってきた人たちはカイロのフランス大使館前の歩道にテントを張り、泊り込んで大使にエジプト政府にガザ入りを交渉するよう要請。エジプトの機動部隊に取り囲まれた狭いスペースは熱気に包まれ、歩道の植え込みが臨時の演壇になり、入れ替わりアピールが続きます。飛び入り参加した私たちも「日本グループからもアピールを!」と乞われ、「ビバ・ガザ! ノー・モア・ヒロシマ!」とアピール。老若男女、様々な人たちがキャンプ場にいるかのような自然体で大使に要請をし、大使もそれに応えてくれました。草の根の運動が政府を動かしている様を見せてもらいました。日本での世論の喚起、まだまだです。アメリカ大使館も要請を受け入れなかったのです。

 ガザに入ることがほぼ不可能とわかって、私たち日本グループは予定を変更して、イスラエルと西岸パレスチナ自治区を訪問する旅をすることになりました。そのことが当初計画されていた12/31のガザとイスラエル側のボーダー地点エレズでのフリーダム・マーチに合流する道を開いてくれたのです。又、パレスチナ自治区のビリン村を訪問して村ぐるみの抵抗運動にも参加することができました。パレスチナを知り、体験する素晴らしい機会にも恵まれ、GFMの呼びかけに応えた旅としての手ごたえを得て完結できたことを嬉しくと思っています。

 日本の運動にとってパレスチナ連帯はまだまだ優先順位の低い遠い課題と思われがちです。パレスチナの人々も日本の闘いを知る機会があまりありません。しかし、今回GFMに参加し、パレスチナを体験した私たちが感じたのは、「日本の闘いとパレスチナ、ガザの闘いはつながっている」ということです。自治区のビリンン村で男たちとともに闘う母親、女性、子どもたち、老人らの姿に辺野古の浜に座り込んでいる沖縄のおじい、おばあの姿が重なりました。最前線で必死に抵抗し闘っている人々はどこでも皆誇り高く輝いています。パレスチナ連帯は日本の私たちにとって極めて現実的な課題なのです。

日本の状況、闘いをパレスチナの人々、世界中の人々にさらに知らせ、パレスチナの人々の闘いを日本で闘う人たちに知らせて連帯していく重要性をGFM参加者として痛感しています。

コードピンク大阪ジャパン 尾川寿江

Green Tea Party 大成功 !!

★☆☆ コピンク大阪ジャパン NPT再検討会議 ニューヨーク行動に参加( 2010年 5月 )

Green Tea Party 大成功 !!

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆

  • The Green Tea Party☆             
 for Peace & the Nuclear Weapon-Free World 

平和と核兵器のない世界めざすグリーン・ティーパーティー

☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆

Join our joint venture of Grassroot Excshusaihanges 

日米草の根平和活動交流

Hosted 主催 Granny Peace Brigade  おばあちゃん平和旅団

                Codepink NY  コードピンク・ニューヨーク

             Codepink Osaka JAPAN  コードピンク大阪ジャパン

 
  • 日時/When:  May 4(Tues.) 5/4(火) 18:30-20:30
  • 於/Where:  Creative Space, New Yor

 Holy Trinity Episcopal Church )  

大阪母親大会連絡会 委員長 植田晃子

大阪母親大会連絡会 委員長 植田晃子

Akiko Ueda, the president of Osaka Mother’s congress Liaison committee

 今日は、ニューヨークで皆様にお目にかかることが出来て本当に嬉しいです。

アメリカの女性たちの果敢な闘いは日本を訪れてくださったアン・ライトさんなどからお聞きしており深く敬意を表しているところです。

 また、このような集いを準備してくださった方々に心から感謝申し上げたいと思います。ありがとうございます。

 I’m so happy to meet you all here in New York this evening. We’ve come all the way from Japan to America. But have well informed about

the courageous struggles of American women for peace. Because Ms. Ann Wright and other women leaders in the US peace movement came

to Japan to tell their stories. Now we’ve come to tell you our stories.

I’d like to express my deepest thanks to the organizers of this gathering to give us chance to tell our stories and to listen to your stories.

 さて、ブッシュ前大統領が「報復だ!戦争だ!」と叫んでイラク戦争を始めてから罪もない人々がたくさん殺され、傷つけられてきました。

そして、多くのアメリカ兵士たちが戦場で死んでいき、傷つきました。さらには帰還後の悲惨な実態などが私たちにも伝わってきました。

夫や息子、恋人を殺され、傷つけられた母親や女性たちの悲しみが怒りとなり平和を願うたたかいが彼女達の中から起こってくるのは当然です。

 Former president of the US, George Bush, started the Iraqi war on the pretext of “War on Terror.” Many innocent people were killed and more

people were injured. Many US soldiers died and got injured. We’ve heard that the war veterans are having hard time even after they left the

army.

It is only natural that the sorrow and rage of those mothers and women who lost their huspands,sons and daughters and loved ones or got them

injured in the war lead them to the struggles for peace.

 私たち日本の母親・女性は65年前、ヒロシマ、ナガサキに投下された原爆によって言語につくせない悲惨な経験をしましたが、原爆を投下した国、

アメリカに報復しようと思った人は1人もいませんでした。そして思ったことは、「二度と世界のどこにも原爆を投下してはならない」という決意でした。

ヒロシマ・ナガサキの被爆から10年後、ビキニ環礁におけるアメリカの水爆実験で日本のマグロ漁船が被爆したことがきっかけとなって、私たちの先輩は、

「子ども達を核戦争から守ろう」と世界の女性に呼びかけスイスのローザンヌにおいて世界母親大会を開きました。1955年66カ国から1060人の母親・

女性が集まりました。55年前のことでした。以来、私たち日本の母親・女性は毎年、日本母親大会という1万人を越える集会を開き話し合い、行動して

きました。

 We, mothers and women in Japan experienced the indescribable horror by the atomic bombs dropped in Hiroshima and Nagasaki 65 years ago.

However, none of us felt like retaliating against America. We rather set our heart on no more atomic bombings anywhere on the earth.

Unfortunately ten years after a-bombings in Hiroshima and Nagasaki, we experienced the nuclear catastrophe for the third time.

By the US hydrogen bomb testing conducted in Bikini Atoll a Japanese tuna fishing boat and its crew were exposed to the lethal radiation.

This incident set off the broad movement of the Japanese women against the nuclear wars. They appealed to the women of the whole world

to get together to discuss on how to save the children from the danger of nuclear wars. Responding to this appeal the World Mothers Congress

was held at Lausanne, Switzerland in 1955. 1060 mothers and women from 66 countries attended the congress. For these 55 years since 1955

we’ve organized mothers congresses every year throughout Japan. Each time we mobilize over 10,000 women.

日本母親大会は今年56回目を迎えます。母親大会は、都道府県でも、市町村でも開かれ草の根の運動の話し合いの広場となっています。私たちの大阪では、

55回目の母親大会を5月30日に開きます。母親大会には生命を守る全ての要求が結集されます。それらの要求に基づいて、一年かかって運動をすすめ、又、

母親大会に集まってくるのです。

The Japan Mothers Conference Committee is going to organize its 56th annual conference this year. Mothers Conferences are held at grassroot,

every year in many prefectures, citie, towns and villages. In Osaka prefecture 55th Mothers Congress are to be held on May 30th..

The attendants to the conference propose the requests to be inpremented for the coming year. .For one year they try to implement what were agreed

upon in the previous conference.

大会と大会の間には、「平和をまもろう」「憲法をまもろう」と宣伝行動を大々的に行います。かつて太平洋戦争に国民を駆り出すために使われた召集令状

(赤紙)の複製と平和のメッセージをビラにして配ります。メインの行動は難波という繁華街で100人以上の母親、女性が元気に華やかに行動します。

この行動は年に2回行います。マスコミもたくさん来ます。

Between the annual conferences we are busy going out to the street to appeal to the citizens. We call for defending peace and the constitution of our

country.

During the Pacific War the Japanese imperial army drafted the male folks by sending draft papers to their homes. We called them “aka-gami” ,red paper,

for they were printed in red papers. Now we make flyers in red papers with peace messages and hand them out on the street.

1回目は、8月15日、太平洋戦争が終わった日です。2回目は12月8日、日本軍が真珠湾を攻撃した日です。最初は8月15日だけの行動でしたが、私たちは日本国民

が被害を受けたことだけでなく、加害者としての責任があるのではないか、と話し合い、12月8日にも行動することにしたのです。

 We go out to the street twice a year on the specific days. The 1st time is August 15 when Japan surrendered in the Pacific War. The second time is December

8th, the day when the Japanese navy attacked Parl Harbor. 

 We accept our responsibility for the aggression and killing in the past war when we talk about victims in Hiroshima and Nagsaki.

 さらに毎月6日と9日には各地で『核兵器をなくそう』『憲法9条守ろう』の署名行動が展開されます。ヒロシマに原爆が投下された8月6日、ナガサキに原爆が投下

された8月9日を忘れないという「6・9運動」と呼ばれる平和運動です。私たち母親・女性がその行動の先頭に立っている事は言うまでもありません。

On the 6th and 9th every month many peace groups go out to the street for signature drive calling “no nuclear weapons” and “ defend article 9 of the Constitution”. 

We, the women, are leading the drive.

 

二度と戦争はしないと決めた日本国憲法は宝物です。戦争は勝っても負けても、その被害は弱いもののところに襲いかかります。だから力を寄せ集めて大きくし平和を守る運動

で世界を変えなければなりません。「核兵器のない世界」は決して夢ではありません。二度と世界のどこにもヒロシマ・ナガサキの悲劇を起こしてはならないのです。

声をあげ、運動を大きくすることによってそれは実現できると思います。今までだって何度も核兵器を使おうという動きはありました。それをさせなかったのは、ひとえに

私たち世界の平和勢力の力であり、生命を生み出す私たち母親、女性の「子どもを守りたい」という必死の気持ちだったのではないでしょうか。

   We renounce war in our constitution. We treasure our constitution. There are no winners, no losers in the war. Those who are socially week suffer most. We must

join hand in hand to defend peace and change the world. The nuclear weapon free world is not the mere dream. We should never have the tragedies of Hiroshima

and Nagasaki again. When we raise our voices and expand our movement for peace our dream will come true. There were several times in the past when nuclear

powers were almost ready to use nuclear weapons. Peace forces in the world and mothers and women who were desperate to protect children keep the nuclear

powers from using the weapons. 

   みなさん、それぞれの立場が違ったり、人種が違ったりするかもしれないけれど、子どもたちの生命を守りたいという願いはみんな一緒です。

どうぞこれからも力をあわせてまいりましょう。アメリカの母親・女性のみなさんの運動が元気に大きくなるように、お一人、お一人のみなさんが健康でがんばれますように

心からお祈りして、私の発言といたします。ありがとうございました。

We are on the different footings, of different races. But we are the same in the commitment to save our children.

Let us join our forces for peace making. I wish the mothers and women in the US all the best and big success. In their movement. And each one of you good luck and good health.

Thank you for your attention.

アン・ライトさん再訪日ツアー (2009 7/18 ~8/12) まとめて報告

☆☆★ アン・ライトさん 再訪日ツアー ( 2009 7/18 ~8/12) まとめて報告 ★☆

  =再訪日ツアー リビュー!! =

   グアムー大阪ー京都ー東京ー埼玉ー横浜ー広島―北海道を飛び回って講演

01.グアム・スタディツアー 7/18~ 22                                                                      

 

02.大阪講演(1) オバマ政権の積極面と問題点を明確に指摘して「オバマ大統領の誕生は嬉しいし、核兵器 廃絶へのイニシアチブは歓迎する。   しかし、軍事費増強・アフガンでの戦争強化は反対」と発言。

 

03.母親大会 (京都) 国際シンポで「政治を変えるのは私たち、日本も来る選挙は政治を変える絶好のチャンスです。大いに    政治を語り、社会を    変えてください。」とエールを送る。米兵の犯罪の犠牲者の方たちとも直接話し合い、米軍の犯罪    を許さない 決意を伝える。 

 

04.大阪講演(2) 大阪大学で、天木直人さんとビッグ対談。政府が国民をだまし間違った方向に向かっている時に、勇気を持って   告発した日米   外交官の初顔合わせ。

   お二人の高潔な人柄、いさぎよさがひしひしと伝わってきました。              

05.大阪講演(3) 泉北ニュータウンで講演。「 堺空襲、大阪や日本各地での空襲にアメリカ人として謝罪します。アメリカを戦争し   ない国にするため   私は戦いつづけます」と発言され、はじめてアメリカの女性の話を聞いたという参加者から「来てよかった」   と感想が寄せられていました。

 

06.広島  原水禁大会国際会議、広島大会に参加、アメリカの原爆投下に謝罪し、「2010年5月のNPT会議には日本のみなさんが   大挙して   ニューヨークへ来てくださ~い」とアピール。

07.北海道 釧路―矢臼別―札幌―旭川

  矢臼別演習場で白燐弾投下演習が行われているとを聞いて憤激したアン・ライトさん。

  イスラエルがアメリカ製の白燐弾をガザに投下していたことを思ってのことでした。

  洞爺湖サミットに参加した環境NGOのメンバーなど幅広い層の参加がありました。

   

 アメリカにもどったアン・ライトさんは、イラク、アフガニスタン戦争の早期終結の戦いを続け、すでにアフガニスタンを訪問。帰国後、米軍の性犯罪を追及する戦いに邁進。さらに、今年の年末から来年年頭にかけて行われる『 ガザ・自由の行進』の準備に大わらわです。日本からも是非参加してほしいと呼びかけを強めておられます。

イスラエルのガザ攻撃(アメリカの武器を使用し、アメリカの支援のもとに行われているのです)、封鎖の実態を私たちも、  もっとよく知らなければなりません。

グアムでの米軍基地再編強化の実態調査スタディー・ツアーを行って

共同声明 グアムでの米軍基地再編強化の実態調査スタディー・ツアーを行って

                                    2009年7月23日

 

 沖縄からグアムへの米海兵隊移転に伴う諸問題を憂慮する日本の市民である私たちは、移転先のグアムの実態を見、現地の方々と意見交流をしようと、グアム・スタディー・ツアーを行いました。

 7月18日から22日のグアム滞在期間中に、私たちはグアムの人々との意見交流や、現地の視察を行いました。先住民・チャモロ人の指導者、大学教授、大学生、弁護士や法曹関係者、議員、ジャーナリスト等多岐にわたるグアムの老若男女と話し合うことができました。

 私たちは7,000億円(60億ドル)の日本の税金が日本からグアムへの海兵隊移転に費やされ、沖縄の米軍基地は縮小どころか再編強化されようとしていることへの日本国民の憂慮を述べ、海兵隊の受け入れは、グアムの市民、チャモロの人たちにますます深刻な問題をもたらすであろうことを伝えました。

 私たちはグアム政府およびグアム市民が、この問題に関して米国連邦政府から十分な説明を受けていない事を知りました。グアム市民等は米海兵隊移転、基地強化問題を憂慮し、徹底した説明を求めているところだと述べました。

 元アメリカ陸軍大佐、元外交官であるアン・ライト女史を招待し、グアム・ツアーに同行いただきました。

 ライト女史は、米海兵隊員及び軍属のグアム移転にともなうグアムの人口の25%もの急騰は固有の文化の破壊をもたらし、道路、水道、下水、電気といった生活基盤に深刻な影響を与えるであろうこと、又、沖縄で絶えず起こってきた米兵による女性や子どもへの暴力事件、特に性犯罪の発生の危険を指摘しました。

 米軍基地周辺をふくむグアム島内を視察し、第二次大戦中にチャモロの人々が日本占領軍の残虐行為を被った現場を訪れて、亡くなった方々の慰霊を行いました。

  グアム島視察を終えるに当たり、私たちは以下の事を日米両政府に伝えることを決めました。

 私たちは、米海兵隊の移転問題を再検討し、太平洋全域における軍事基地強化を中止するよう日米両政府に強く求めます。

尾川寿江: コードピンク大阪 ( グアム・スタディー・ツアー・コーディネーター )

 アン・ライト:元米国外交官/ 元米陸軍大佐

Guam Resists Military Colonization グアム、軍事植民地化に抵抗

Guam Resists Military Colonization グアム、軍事植民地化に抵抗 

Having No Say When Washington Tries to Increase your Population by 25%

島の人口25%増加につながる米国政府のもくろみにたいして発言権もない

                        

                             by Ann Wright アン・ライト ( 投稿 )

The United States and the Chinese governments have some remarkable similarities when it comes to colonization. The Chinese government has sent a huge Han population to inhabit Tibet and overwhelm the Tibetan population, even building the world’s highest railway to get people and materials there.

米国政府と中国政府は植民地化に関して非常に似通っている。中国政府はチベットに世界最高位の鉄道を敷設し人材、資材を投入し、チベット人を上回る大量の漢族を定住させた。

 

The United States government, with virtually no consultation with the local government and citizens, is increasing the population of its non-voting territory, Guam, by 25%. 8,000 U.S. Marines, their dependents and associated logistics units and personnel-a total of 42,000 new residents-will be moved to the small Pacific island (barely three times the size of Washington, DC) that has a current population of 175,000. The move will have a tremendous impact on the cultural and social identity of the island.

合衆国政府は、現地政府や市民とほとんど協議をせずに準州グアムの人口を25%増加しようとしている。グアムは、首都ワシントンのほぼ三倍の大きさの太平洋上の小さな島で人口は175,000人だが、その島に8000人の海兵隊員、その家族や軍属総計42,000人が移住しようとしている。

島の文化、社会生活に重大な影響が危惧される。

These military forces are being relocated to Guam, in great measure, because of the “Close US Military Bases” campaign organized by citizen activists in Okinawa, Japan. The United States has had a huge military presence there since the end of World War II.

グアムへの大規模な海兵隊の移転は日本の沖縄における市民らの米軍基地閉鎖の粘り強い闘いの結果といえる。合衆国は第二次世界大戦終結以降沖縄に膨大な基地を置いてきたのだ。

 

I thought I was reasonably well-informed about America’s interests in the Pacific. I had worked as a US diplomat in Micronesia for two years and travelled many times through Guam, a US territory, located an 8 hour flight west of Honolulu.

私は、太平洋地域におけるアメリカの権益についてはかなり精通しているつもりだった。2年間ミクロネシアで外交官を務め、その間何度もホノルルから西へ8時間の飛行でグアムを経由して旅をしていた。

But earlier this month, in Guam on a study tour sponsored by a coalition of Japanese peace activists spearheaded by CODEPINK-Osaka, Japan, which included a former member of the Japanese Diet (Parliament), I learned new aspects of the decision to relocate this large number of U.S. military to Guam.

しかし、今月初頭にコード・ピンク大阪が提唱したグアム・スタディー・ツアーに招かれ、元国会議員の女性を含む日本の平和活動家の皆さんとグアムを訪れて、米軍の大量の兵員のグアム移転決定の新たな局面を学んだ。

 

Guam was first colonized by the Spanish in the 1500s, became a US colony in 1898, a war-trophy from the Spanish-American war and served as a stopover for ships travelling to the Philippines. During World War II, Guam was attacked and occupied by Japan on December 8, 1941, the day after the Japanese attacked Pearl Harbor. American citizens living on the island had been evacuated by the United States government before the attack, but the indigenous Chamorro population was left behind. During the 31 months of Japanese occupation, the Chamorros endured forced labor, concentration camps, forced prostitution, rape and execution by the Japanese military. The United States military returned three and one-half years later on July 21, 1944 to retake Guam.

グアムは1500年代にスペインの植民地となり、スペイン・アメリカ戦争に勝利したアメリカが1898年にアメリカの植民地にし、フィリピンへ向かう船舶の経由地としてグアムを使ってきた。

第二次世界大戦中の1941年12月8日日本の真珠湾攻撃の翌日、グアムは日本軍に攻撃され占領された。島に住んでいたアメリカ市民は合衆国政府によって事前に避難させられていたが、原住民のチャモロの人々は島に残されたままであった。31ヶ月にわたった日本軍占領期間に、彼等は日本軍による強制労働、強制収用所への移転、強制売春、レイプ、処刑の辛酸をなめた。3年半後の1944年7月21日アメリカ軍が島に戻りグアムを奪還した。

In 1950, Guam was made an “unincorporated territory” of the United States by a US Congressional act and residents were given UN as one of 16 “non-self governing territories” left in the world.

1950年、グアムは合衆国議会でグアム自治法が制定され合衆国自治的未編入領域(準州)とされ、島民は国連が非自治地域とした世界に残された16地域の一つの住民とみなされた。

Lands were taken after World War II from the native Chamorro population without compensation by the US military to construct major air and naval bases which the US military still uses. Currently, there are 3,000 US Air Force and 2,000 US Navy personnel and 1,000 employees of other federal security agencies assigned to Guam.

島の土地は島民であるチャモロの人たちに賠償金もはらわずに米軍に接収され米空軍、海軍基地となり今でも使用されている。現在、グアムには空軍関係者3000名、海軍関係者1000名、連邦安全保障施設関係者1000名が住んでいる。

 

Three Guam legislators told us that the Guam government has not been properly consulted in the discussions between the US and Japanese governments on the relocation of the large US Marine force. Guam officials have been given little firm information about the military expansion plans. They are very concerned about the impact of further militarization of their island as its major income is provided by hundreds of thousands of Japanese tourists who visit the tropical island annually.

グアム議会議員らの話によると、海兵隊の大規模な移転に関する日米政府間の交渉についてグアム当局に十分伝えられておらず、米軍強化計画の確実な情報が提供されていない。

熱帯の島グアムを楽しみに毎年訪れる何千人もの日本人の観光が主要な収入源である島民等はさらなる島の軍事基地化を憂慮している。

They are disturbed by rumors of proposed forced condemnation of another 950 acres of land owned by members of the native Chamorro population for a live fire range for the incoming Marines. Residues of Agent Orange left from the Vietnam War and other toxic wastes from the military bases, plus the possibility that artillery shells and other munitions made from depleted uranium will be used on their island, are all sources of concern for the people of Guam.

やってくる海兵隊の実弾射撃演習場としてチャモロ人が所有している土地の950エーカーが強制接収されるという噂にチャモロの人たちは困惑している。基地にあるヴェトナム戦争時から残された枯葉剤やその他の有害物質、さらに劣化ウランで製造された武器、弾薬がグアムで使用されるのではないかというのもチャモロの人々の懸念の一つだ。

 

In order to get the 8,000 US Marines out of Okinawa, the Japanese government is paying $6 billion to the US government for their relocation.

Guam officials are concerned that not enough of the relocation funds will be made available for the large infrastructure improvements that will be needed for the island’s roads, water, sewage and electrical systems as it tries to support a 25% increase in population. They feel the military will take care of its bases but may leave the local

population struggling with the new infrastructure problems created by the large number of military personnel.

沖縄からの8000人の海兵隊の移転に日本政府は60億ドルをアメリカ政府に支払うことにしている。

グアム当局は、25%もの人口増加に対応するとなると、移転資金は、グアム住民に必要な大規模なインフラ整備―道路、上下水道、電気網の整備には十分に使われないのではないかという懸念をいだいている。米軍はおそらく基地の整備は行うが、島民は軍関係者の増加に伴い新たなインフラ整備に苦慮することになるであろう。

The Japanese people, too, are in the dark about the details of the billions of dollars they will pay the US government to have US forces leave Japan. Japanese members of our delegation were shocked when they learned from local Guam activists that the relocation budget calls for the Japanese government to pay $650,000 for the construction of each new house on the base, while Guam activists told us the cost of a middle class home on Guam is around $250,000. The Japanese delegation was greatly concerned that their government is funding such inflated projects and is going to raise the budget with Japanese Diet members when they return to Japan.

日本国民も又、米軍の日本からの帰還にさいして自ら支払う何十億ドルもの税金の使途について詳しく知らされていない。基地内に建設される各家屋にたいして65万ドルを日本政府が支払うとしているが、グアムの中流家屋の建設費は約25万ドルだとグアムの活動家が述べたのを聞いて日本の代表団のメンバー等は大変驚いていた。日本にもどったら国会議員らにこの問題を提起したいと考えている。

Of concern to the Guam business community is consideration by US House of Representatives law makers to give Japanese contractors the same access as American firms to bidding on contracts worth more than $2.5 billion in upcoming US military construction projects on Guam. Apparently, the Japanese government, like the US government, likes to have its commercial firms benefit from government aid projects it is funding “overseas.” With Japan’s $6 billion contribution to the $10 billion cost of relocating the Marines, Japan wants some of that money returned to Japan through construction contracts on the Guam infrastructure projects.

今後のグアムでの米軍基地建設計画に際してアメリカの企業同様、日本の企業にたいしても25億ドルにのぼる契約の入札に参加を認めるという米国議会の議員等の配慮もグアムビジネス界の憂慮している点である。明らかに日本政府は、米国政府同様、政府が外国に投資する援助金を自国企業の利益になるよう望むからである。海兵隊移転に要する100億ドルの中、60億ドルは日本が負担するとしているが、日本はグアムでのインフラ整備契約に日本企業を参入させ資金を日本に還元することを望んでいるのだ。

Many Guam officials and a large number of Guam citizens are deeply concerned about the cultural, economic and security impact of the dramatic increase in population and militarization of their island the relocation would present. The current cultural divide of those living in relative luxury inside the bases with better housing, schools and services has been a source of friction between the US military and the local population over the years.

グアムの多くの役人や市民は移転に伴う人口増加や軍事化が与える経済的、文化的影響や安全保障を深く憂慮している。基地内居住者が比較的良好な家屋、学校、サービスを享受しているのにたいして基地の外の市民は劣悪な生活を強いられている。この大きな格差が長年にわたる米軍と地元市民との対立の原因となってきた。

Guam officials said that they too have been perturbed about the extraordinarily high expenditures on US military base facilities, when the Government of Guam is strapped financially. The officials said they were amazed and horrified when they learned that the Air Force recently built an on-base animal kennel for $27 million, with each animal space costing $100,000, when locally, the government is unable to provide sufficient infrastructure for its citizens, much less animals.

グアム当局関係者等も、グアム政府が金融危機のあおりで立ち行かなくなっている時に米軍基地施設への莫大な支出は頭が痛い問題だと述べている。グアム政府が予算不足で市民に十分なインフラ整備をおこなえないでいる時に、空軍基地内に2700万ドルの犬小屋が建設され1頭につき10万ドルの贅沢な暮らしをしていると知って彼等は我々は動物以下の扱いではないかと憤った。

Professors and students at the University of Guam expressed concern that there will be a sharp increase in sexual assault and rape on the island due to the relocation of US Marines. They believe one of the reasons the Japanese government finally was able to get the US government to move some military forces out of Okinawa was because of major citizen mobilizations that occurred in response to rapes by US military personnel.

グアム大学の教授や学生等は米海兵隊の移転により性犯罪やレイプが急増するのではと憂慮している。沖縄からの一部海兵隊移転が決まった背景には米軍関係者による性犯罪への市民の大きな反発があったと彼女等は確信しているからである。

In 2008, the US Ambassador to Japan had to fly to Okinawa to give his apologies for the rape of a 14 year old girl by a US Marine. The US military forces on Okinawa had a 3 day stand-down for “reflection” and Secretary of State Condoleezza Rice had to express her “regrets” to the Japanese Prime Minister “for the terrible incident that happened in Okinawa… we are concerned for the well-being of the young girl and her family.”

2008年在日米国大使が一海兵隊員による14歳の少女へのレイプ事件を謝罪するため沖縄へ飛ばなければならなかった。在沖縄米軍は3日間反省のため基地からの外出を禁止、ライス国務長官も日本の総理にたいして「誠にすまない事件をおこしお詫びする。少女とご家族の幸せを祈ります」と謝罪せざるをえなかった。

In April, 2008, U.S. Marine Staff Sergeant Tyrone Hadnott, 38, who had been in the Marines 18 years, was charged with the February 10, 2008, rape of 14 year old girl, abusive sexual contact with a child, making a false official statement, adultery and kidnapping.

2008年4月、米海兵隊三等軍曹タイロン・ハドノット( 18年間海兵隊在籍 38歳)が同年2月10日に14歳の少女に対してレイプ未遂事件をおこしたかどで未成年者性虐待、虚偽の陳述、不貞、誘拐で起訴された。

On May 17, 2008, Hadnott was found guilty of abusive sexual conduct and the four other charges were dropped. Hadnott was sentenced to four years in prison, but will only serve a maximum of three years in prison due to a pretrial agreement that suspended the fourth year of the sentence. He was reduced to private and given a dishonorable discharge from the US Marines.

The rape accusation against Hadnott stirred memories of a brutal rape more than a decade ago and triggered outrage across Japan. Japanese Prime Minister Yasuo Fukuda said that Hadnott’s actions were “unforgivable.”

2008年5月17日、ハドノットは性的虐待で有罪の判決を受け、他の件では不起訴となった。懲役4年の判決であったが、協定により最終年は懲役免除となり三年間の実刑に服することになった。ハドノットは降格され海兵隊から不名誉除隊となった。        ハドノットのレイプ事件は10数年前におきた残酷なレイプ事件を思い起こさせ日本中で怒りが湧き起こった。福田首相ハドノットの行為は許しがたいと述べた。

There are US Congressional stirrings of concern about the relocation of the Marines to Guam. House of Representatives Armed Services Committee chair Ike Skelton has raised concerns about the size, scope and cost of the move to Guam. “At over $10 billion (two and one-half times the initial cost estimate of $4 billion), it is an enormous project, and I am concerned that the thinking behind it is not yet sufficiently mature,” Skelton said at a recent Congressional hearing. “We need to do this, but it needs to be done right.”

グアムへの海兵隊移転に関して米国議会でようやく声があげられた。最近の議会公聴会で下院軍事委員会議長アイク・スケルトン議員がグアム移転の規模と経費に懸念の声をあげた。「当初40億ドルとされた経費がその2.5倍の100億ドル以上という大規模な計画に膨れ上がっているが、審議はまだ十分につくされたとは言いがたい。この件は遂行せねばならないが、正しくやる必要があるのだ」と。

In a challenge to US military “forward deployment” strategy in Asia and the Pacific, Guam activists strongly feel the US military should relocate large forces to the mainland of the US where there presence can be better absorbed by the greater populations and existing large military bases, rather than to their small Pacific island.

アジア太平洋地域での米軍の前進基地配備政策に対してグアムの活動家等は米軍部隊を彼等の住む太平洋の小さな島にではなくアメリカ本土に現存する基地に移転すれば、人口比の増加の心配もなくうまく統合できるではないかと強く感じている。                                                                         

However, the US federal government seldom takes into account local feelings about their projects, particularly military projects in a region far removed from the Washington power center.

しかしながら、アメリカ連邦政府は、首都ワシントンの権力の枢軸から離れた地域における政策、特に軍事政策に関して地元の人々の感情を考慮するようなことはめったにない。

Guam activists want their voices heard and respected and not to be treated as merely residents of a colony of the United States.

 グアムの活動家等は、自らの声が届き、尊重されること、アメリカ合衆国の単なる植民地の住民のような扱いを受けないことを望んでいる。

ガザ・フリーダムマーチ 

☆☆☆★ ガザ・フリーダムマーチ ★☆☆★

 The Long March toward Freedom

自由へのロング・マーチ 2010.1

To mark the anniversary of Israel’s bloody 22-day assault on Gaza the International Coalition to End the Illegal Siege of Gaza will dispatch contingents from around the world to Gaza.

イスラエルによる22日間にわたる流血のガザ攻撃から一年を記念して、ガザの不法占拠終結を求める国際  連合組織(インターナショナル・コアりション)は、世界中からガザに向けて代表団を送ろうとしています。                                                                  

  On January 1, 2010 we will march alongside the people of Gaza in a nonviolent demonstration that breaches the illegal blockade.

   2010年1月、代表団はガザの人々と共に、不法占拠を破る非暴力のデモ行進を行います。

  The march is inspired by decades of nonviolent Palestinian resistance from the mass popular uprising of the first intifada to the        West Bank villagers currently resisting the land grab of Israel’s annexationist wall.

   占領拡大の壁をつくり土地の収奪を強行するイスラエルに抗議するヨルダン川西岸住民のインティファーダの大蜂起からの何十年       にわたるパレスチナの人々の抵抗運動に鼓舞されてこの行進が行なわれます。

  It draws inspiration from the international volunteers who have stood by Palestinian farmers harvesting their crops, from the crews on        the vessels who have challenged the Gaza blockade by sea, and from the drivers of the convoys who have delivered humanitarian    aid                         to Gaza.                                                                                                                                                                             行進は、パレスチナの農民達の農作物を守ろうと駆けつけた国際ボランティアたち、ガザの海上封鎖に挑戦した船員たち、ガザへ                の人道支援物資を運んだトラック部隊の運転手たちから大いに刺激を受けています。

  It draws inspiration from Mahatma Gandhi。

   行進は、マハトマ・ガンジーから勇気をもらっています。

  

  Gandhi called his movement Satyagraha-Hold on to the truth. We hold on to the truth that Israel’s siege of Gaza is illegal and inhuman.

ガンジーは運動参加者らに真実に固執するよう呼びかけました。私たちは、イスラエルの占領が 不法で非人道的であるという真実に固執するものです。

   We are not afraid, we won’t turn back, we won’t let Gaza  die.                                                                                                          私たちは恐れず、目をそむけず、けっしてガザを見殺しにはしません。

Gandhi said that the purpose of nonviolent action is to “quicken” the conscience of humankind. We want to bring humankind not just to deplore Israeli brutality but actively to stop it.

ガンジーは、非暴力の行動は人類の良心に「即座に働きかける」と言いました。 私たちは人類同胞に イスラエルの残虐をただ嘆くだけではなく積極的に阻止する行動を起こして欲しいと思っているのです。

Those of us residing in the United States also draw inspiration from our Civil Rights Movement.                                                              合衆国に住む私たちは自らの公民権運動からも勇気をもらいました。

If Israel devalues Palestinian life then-just as northern whites went down South during Freedom Summer-we must both interpose our bodies to shield Palestinians from Israeli brutality and bear personal witness to the inhumanity that Palestinians daily confront.

もしイスラエルがパレスチナの人々の命を粗末にするのであれば、「フリーダム・サマー」の時に北部の白人らが命がけで南部へ入ったようにイスラエルの残虐行為からパレスチナの人々を守る盾として体を投げ出し、パレスチナの人々が日々直面している非人道性を自らの体で感じ取らなければならないのです。

If Israel defies international law then-just as federal marshals were sent in to enforce the law of the land against racist southern sheriffs-we must send nonviolent marshals from around the world to enforce the law of the international community in Gaza.

もしイスラエルが国際法に違反するようなことをすれば、人種差別主義者の南部の保安官にたいして 法律に基づく統治を施行するために連邦保安官が南部に送られたように、ガザに法律に基づく社会を 実現するために私たちは世界中から非暴力を志向する保安官を送らなければならなりません。

We take no sides in internal Palestinian politics. We side only with international law and basic human decency.

We conceive this march as yet another link in the chain of nonviolent resistance to Israel’s flagrant disregard of international law.

私たちは、パレスチナ内部の政治には関わらず特定の集団を支持しません。私たちは国際法と基本的人間性の擁護のみ支持します。         私たちは、この行進を、イスラエルの目に余る国際法無視の行動への  連鎖的抵抗運動の一環と考えています。

The siege is illegal.                       占領は違法!

The wall is illegal.                        壁は違法!

The settlements and house demolitions are illegal.  入植、家屋の取り壊しは違法!

The closures and curfews are illegal.           包囲、外出禁止令は違法

The roadblocks and checkpoints are illegal.       道路の閉鎖、検問所は違法!

The detention and torture are illegal.            拘束、拷問は違法!

The truth is that if international law were enforced the occupation would be unsustainable.

国際法が施行されていたならば、占領は維持できなかったであろうというのが真実の姿なのです。

The march can only succeed if it arouses the conscience of humanity.

人類の良心を喚起出来た時にのみ、行進の成功を勝ち取れるのです。

If we join ranks with the people of Gaza in the march for freedom, and millions more around the world watch the march on the internet, we can breach the siege without a drop of blood being shed.

ガザの人々と肩を並べて自由の行進を成功させ、その背後には支援する世界中の何百万人もの人々がインターネットなどで様子を見守ってくれるようになれば、私たちは、一滴の血も流すことなく  封鎖を 破ることが出来るのです。                                                  

If the whole world is watching, Israel can’t stop us.  Please join us.

世界中が監視しているとなると、イスラエルも私たちを押し留めることは出来ません。

ご一緒に参加してください。

 Page 5 of 8  « First  ... « 3  4  5  6  7 » ...  Last » 

Latest Topics

CODEPINK Osaka is invited to the Mindanao People’s Peace Summit

ミンダナオ・ピープルズ・ピース・サミット(MPPS)に参加して 尾川ヒサエ [Read More]

Remarks by Ann Wright  アン・ライト語る 2016 / 6 / 11大阪

My name is Ann Wright and I served 29 years in the US Army/ Army Reserves and retired as a Colonel.  I was also a US [Read More]

CODEPINK OSAKA is invited  to The International Conference on Women, Peace and Security in the Philippines

*Invitation to CODE PINK OSAKA* Dear Hisae and Code Pink sisters in Osaka, Greetings of peace! It has been a long [Read More]

Recent Comments

zqpyvoe had this to say

DAeW2d xrrzgswizqcu, cdnkwbhfevwj, dslpmwveymvi, http://dfwdsrxuukfy.com/ Read the post

TomikoNWills had this to say

Really whether someone doesn't keep in mind afterward its approximately other people that they can help, so here it Read the post

Hosting Italia had this to say

And the other choice of onesie baby shower invitation is like this one. Pink for the girl. Combine the invitation cards Read the post

HarlanDGagel had this to say

I used to be suggested this website by my cousin. I'm not sure whether this post is published by him as no person else Read the post

ReedBAxman had this to say

Hello, I want to subscribe for this website to get most up-to-date updates, thus where can i do it please Read the post

Popular Topics

Translator

アーカイブ